いざっ!へうげもの

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

【悲報】天下り、現役に出向に形を変えて絶賛発動中

天下り規制が強化されてできなくなったが、その代わりに現役出向が2010年度から44%も増えているという。
給与水準や通勤手当など、待遇は天下り時と変わらないという。
http://www.asahi.com/articles/ASK8P4QZRK8PULFA015.html?ref=nmail


しっかしまあ、法律に触れないようにして出し抜く(もちろん法律自体も、いかように解釈できるように作ってある)ことに関しては天才的な連中だと思う。
官僚連中の倫理観はどうなっているのだろうか(もちろん皆がそうだとは思わないが)。
人の税金を預かる立場なのだからそれが一番大事なところだと思うのだが、今の日本にそれを期待しても無駄なのだろう。
つくづく正直者がバカを見る世の中である。


ただ、一つ気になるのは、出向時には高待遇を受けていても、いざ退職となった時の退職金はどうなるのだろうか。
天下りの旨味は高い給与もあるけども、退職金だろう。
やはりここは、出向したら退職金上乗せとか、出向特別金とかそんな感じで上乗せするのだろうか。


仮にも偉いとされている人たちなのだから、もっと期待に沿ってほしいものだ。
それはもちろん人間的なという意味で、なんとか事務次官とかどこぞこの企業の社長などという肩書ではない。
ましてや、私腹を肥やす為に天下りしたり出向したりする人間では決してない。


ということで思い出した、とんねるずの「一番偉い人へ」。
小学校の時の先生が好きだったな。
てか、作詞が秋元康さんなのか。
知らなかった。

夏休みの宿題はメルカリで終わらせる!?

IMG_3761


今日で夏休みも終わりだ。
2学期制だったり、寒い地方の方々は夏休みの終わりも早かったりするようだけども、まあ、大概の人は31日で終了となろう。


しっかし、スゴイ時代になったものである。
夏休みの宿題がメルカリ買えるのである。
http://www.huffingtonpost.jp/2017/08/25/mercari-homework_a_23179053/

物議をかもしたそうだが、私としては性根たくましいというか、そういうことでもお金が稼げるのだなと単純にスゲーと思った。
もちろん夏休みの宿題をメルカリで買って終わらせたところで、終わったという結果は手に入るかもしれないが、計算問題の復習や、まがりなりにも本を読むという過程を完全にすっ飛ばすことになるので、本来の目的とはまったく乖離したものとなる。
宿題を買うことによって終わったという結果は手に入るものの、自分でやることで本来できるようになっていたことができなくなるというリスクを負うことになる。
そして、次回もまた買えばいいやと高をくくっていると、今度は出品されてなかったなんてことがあるかもしれない。
もちろん既にSOLD OUTや、高くて買えないなんてこともあるかもしれない(やはり一番値上がるのは31日なのだろうか)。
そういうことを理解した上で買うのは悪いことではないと思う。
むしろ、それはそれで素晴らしい教育であると私は思う。
お金を出せば大概のことでできてしまう現代社会において、それは素晴らしい悟りである。
そして今度は宿題をさっさと終わらせて売る側に回るwwww
立派な大人の仲間入りである(大人でもこれが分かっていない人は多いと思うが)


とまあ、ここまで書いておいてなんではあるけども、私は夏休みの宿題はなくていいと思っている。
夏休みの友と称した計算ドリル、読書感想文、統計図表、あんなものはいらない。
しかもそれで優れたものには表彰するとか、バカかと思う。
せっかくの長い休みがあるのだから(欧米に比べれば日本は短いけども)、普段できないことをやるべきだ。
自転車で日本一周もいいと思うし、長期間の旅行、好きなものを極めるなどなど、普段の生活ではできないことがたくさんある。
それらを潰してまで計算問題をシコシコやる意味なんてない。


そして、子供が好きなことをやるには、大人もきちんと長期の休みが取れることが必要だ。
大きくなってしまえば一人で勝手にやるが、小さいうちはそうはいかない。
子供が巻き込まれる犯罪も多いので目を離すのは危険だ。
というわけで、日本も欧米を見習って長期の夏休みを大人にも導入しましょう!!


ただ、リンクは発見できなかったが、仕事はバカンスの為にすると豪語するイタリア人も、低所得で長期のバカンスを取れないという人が多くなってきているという。
仮に日本で長期の休暇が取れるようになっても、それを楽しめるのは金持ちだけとなろう。
日本人が長期休暇を取れるようになるまでの道は遠いようだ。

Jアラートって案外有用じゃあないか

29日06:00前、北朝鮮がミサイルを発射した。
その後Jアラート(全国瞬時警報)が作動、避難を呼びかけた。
ミサイルは北海道上空を通過、2700キロ余りを飛行し、襟裳岬沖1180km東の太平洋上へと落下した。
高度は550kmと見られる。
発射されたミサイルは、中距離弾道ミサイル、火星12と見られている。
https://news.infoseek.co.jp/article/20170829jcast20172307067/


時系列は以下に。
05:58:北朝鮮ミサイル発射。
06:02:Jアラート作動し、避難を呼びかける。
06:06:北海道上空を通過(推定)。
06:12:襟裳岬の東方1180kmの太平洋上に落下。


ここから分かるのは、北海道の「550km上空(というか宇宙だけど)の通過4分前にはアラートが作動し、とりあえずの避難する時間は稼ぐことができたということである。
こういうと語弊があるかもしれないが、突発的な破壊的事象としては、北朝鮮のミサイル自然災害のようなものである。
もちろん国レベルでは全然話が違ってくるが、市井のレベルとして自然災害と考えて大差あるまい。
であるならば、緊急地震速報では数十秒前の警告だが、4分稼げるのであれば相当な余裕が生まれる。
それこそ近くの建物に駆け込む、物陰に隠れるくらいはできるかもしれない。
そんなの意味がない?かもしれない。
だが、広島、長崎の原爆投下時、爆心地近くの壊滅的状況であっても、奇跡的に物陰にいて助かったという人もいるそうだ。
逆に物陰にいたが為に下敷きになってしまった方もおられるだろう。
万に一つかもしれないが、無意味ではないのだと私は考えている。
ミサイルが予定の軌道に乗らなければ落ちてくる可能性だってある。


北朝鮮にミサイルを打たせてしまうのはもちろん国の失策である(日本だけではないが)。
それは別として、市井レベルとしてできるのはミサイルが飛来した時に少しでも被害が少なくできるように対処するだけであろう。
そんなもの恐怖心を煽るだけだといわれるかもしれないが、PAC3の命中精度は今ひとつと聞くし、イージスアショアの整備もまだである現在、国としても結局はそれしかできないのだろう。

IMG_8506

2009年、某所で撮影した建設途中のガメラレーダー。
弾道ミサイルの捜索、探知機能を有する。


追伸
格安スマホ(私もそうですが)の場合Jアラートを受信できないものもあるようなので、とりあえずヤフー防災速報等の防災アプリを入れておいた方がいいようです。
私もアプリでミサイル発射を知りました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170829/k10011117791000.html

td> td>
サイト内検索
ブログランキング


提供:PINGOO!
Twitter
最新コメント
pingoo
写真販売しております
Fotolia

写真素材のピクスタ