いざっ!へうげもの

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

日頃自分が気になった事物を面白おかしく紹介します。

夜間、横断中の事故の96%って、随分と大雑把なデータだなあ・・・。

IMG_7637


歩行者が夜間に道路を横断中に車にはねられた昨年1年間の死亡事故、625件のうち、96%の車のヘッドライトがロービームだったことが警視庁の調査でわかった。
夜間の死亡事故625件ではロービームが597件、ハイビームが9件、補助灯が6件、無灯火が13件だったという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160921-00050003-yom-soci

補助灯と無灯火ってなんだよとつっこみたくなるが、ここでいう夜間が何時からか分からないので、もしかしたら夕方も含んでいるのかもしれない。


個人的には、これは他人事ではない。
というのも、先日まさにハイビームであれば防げたであろう事故をやらかしたからである。
一応、ロービームとハイビームの使い分けについてはこちらに書いたので、参照いただければ幸いです。
的確なコメントもつけていただけたので、参考になるかと思います。
http://hyouge.doorblog.jp/archives/46139021.html


あれ以来、大丈夫だろうと過信はしない。
ハイビームでいけるところは必ずハイビームにすると決めた。
だからいうのだが、ロービームであった597件のうちハイビームであれば事故を起こさなかったといえるものが一体何件で、どんな状況だったのか明らかにすべきではないだろうか。
事故は一件一状況が異なる。
信号はあったのか?歩行者は車を認知していたのか?歩行者の服装は?時間帯は?道路状況は?ドライバーの健康状態は?
それらを検証せずして、96%がロービームだったとはあまりに大雑把である。


普段走るのは車通りがまばらな田舎道だからだと思うが、私の認識では、けっこう多くの人がロービームとハイビームを切り替えて使っている。
恐らくほとんどの人は状況に応じて切り替えているのではないだろうか(もちろん統計を取らないと分からないし、その上でないと上記の96%という数字もあまり意味はないと思うが)。


私は、何かあったらすべて車の責任という考えが間違いだと思う。
ロービームは40mしか届かないというが、それはあくまで車から見て障害物等をドライバーが認知できる距離であり、歩行者からは車の光源であるヘッドライトはもっと遠くから見える。
また、歩行者が反射材を身に着けていれば、例えロービームであっても40mよりも遠くから認知可能である(夜出歩くときはせめて白っぽい服を着てくれと思う。上下真っ黒い服なんて、轢かれたいとしか思えない)。
警察庁のサイトによると、反射材を着けている歩行者は、着けていない歩行者に比べて2倍以上手前から認知可能とある。
これはハイビームで認知できるとされる100mとほぼ同じである。https://www.npa.go.jp/koutsuu/kikaku/reflector/index.htm


ドライバーと歩行者(もちろん自転車も)が双方で気を付けることで、初めて事故は防げるのではないだろうか。
車、自転車、歩行者が混在している状況では(もちろんすべて分けられればそれが一番良い)、事故を防ぐにはそれしかないと思うのである。
事故を起こして悲しい思いをするのは、ドライバーも歩行者もないのだから。

ワイ初体験。うまくできたがチョー不安(T_T)

キツキツだ!
体重を思い切りかけるようにしてようやく根元まで押し込む。
半分くらいまで抜き、また押し込む・・・・・・・・


先日、初めてのパンクを食らった。
自転車では何度もあるが、車では初めてである。
いつものように空気圧をチェックしたら、右後輪だけ他より低かった。
一輪だけ低いということは何かあると思いタイヤをよく見てみると、トレッド面(地面と接する溝が刻んである所)に釘が刺さっており、ツバを付けるとわずかに泡が立った。
ついてはいないが、パンクの原因がトレッド面に刺さった釘であり、かつ早く気がつけたことは運がよかった。
これがサイドウォールだったり、空気が抜けている状態で走っていたら、有無をいわさず交換となっていたからだ。
※サイドウォールがやられていると修理はできない。また、空気が抜けている状態で走ってしまうと、教習所で習ったスタンディングウェーブ現象によりタイヤの内面がやられてしまう。


こんなこともあろうかと、パンクの修理キットを車に積んである。
白くてドロドロしたものwww を突っ込む応急用の補修材ではなく、ラバースティックを突っ込む修理キットである。
それを試す機会がやってきた。
こんなに早いとは思わなかったけども。


手順は、タイヤを車から外し、釘などのパンクの原因となっているものが刺さっている所にチョーク等で目印を付け、引っこ抜く。
次にローショ・・・ではなく、のりみたいなラバーセメントを付属のドリルみたいな器具(スクリュードライバー)塗り、釘を抜いた穴n右に回しながらにぶっ刺す。
が、キツキツでなかなか入らない。
体重をかけるようにして思い切り押し込み、ようやく根本まで入れることができた。
入れた器具を右に回しながら半分くらいまでズルリと引き抜きまた根元まで入れを何回か繰り返す。
これもキツキツで骨が折れる。
最後に半分くらいまで引き抜き、金属部分にラバーセメント塗る。
それを根元まで入れ、次の作業までそのままにしておく。


先に穴が空いている器具(インサートドライバー)にラバースティックをセットし、ラバースティックの部分にラバーセメントを塗る。
タイヤに刺したままにしておいたスクリュードライバーを引き抜き、インサートドライバーをそこに突っ込む。
が、これもキツイ。
全然入っていかない。
これ本当に合ってるのかと不安になり、一度インサートドライバーを引き抜き、スクリュードライバーで穴を整えてからもう一度やってみたが全然変わらない。
スクリュードライバーで貫通させた穴が相変わらずのキツキツである。
こういうものなどだと思い、ラバースティックをインサートドライバーにセットし再度挿入。
体重を思い切りかけてグイグイ突っ込む、突っ込む、突っ込む。
やっとのことで根元まで入れることができた。
やっとのことで入れたインサートドライバーを今度はそのまま引き抜く。
空気を入れ、漏れていないことを確認後車に取り付けて作業は完了。


やってみなければ分からないとはいえ、こんなにも力の要る作業なのか?
後で手のひらに違和感を覚えて見てみると、インサートドライバーの柄が当たっていたところが水ぶくれになっていた。

IMG_8796


何日かした後に空気圧を見てみても抜けはないようなので、とりあえずは成功のようである。
修理したところはガムでも踏んづけたようになっているけども、かさぶたが剥がれるみたいにポロッと取れないだろうな・・・。


一応私が使った修理キットはこれ。


ラバーセメントを使わないタイプもあるが、まずい腕を多少はカバーしてくれると思い、ラバーセメント付きのものをチョイスした。
これでいつでもパンクできるぜ!!したくないけどねwwww

JAXA、日本の月探査衛星かぐやの高精細映像をネット公開。これは捗る。なにがって、そりゃもちろん・・・。

IMG_6987


JAXA(宇宙航空研究開発機構)が、9年前に打ち上げられた探査衛星かぐやが撮影した映像635本すべてをネットで公開する。
ニュースや特番で月の出などの映像を見た方は多いと思うが、多くは未公開だったそうで、今回はそれらも公開されるという。
公開は21日から順次で、一応研究者や教育向けとのことだが、誰でも自由に閲覧できるとのこと。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160914/k10010685921000.html


ハイビジョンカメラで撮られた映像だから、これは捗るだろう。
なにがって、そりゃ、エイリアンの基地探しですわwww
きっと数カ月後のムーには、月の裏側にあるという透明なドームや高さ数キロにも及ぶタワーなどの高解像度の画像が載ることだろう。
もしかしたら、今まさに月のレアメタル(もちろん元素115も含むwww)を掘削しているところ、なんて映像もあるのかもしれない。
もちろん、今まで未公開としていたのはそれら見られてはマズイ映像を消すためであったことは明白であるから、見つけるのは消し忘れをということになる。


もう逃げ場はないぞい!エイリアン!!
てか、私を月に連れてって!!
td> td>
サイト内検索
ブログランキング


提供:PINGOO!
Twitter
最新コメント
pingoo